2019.09.28お知らせ
手すり先行足場とは?

日増しに秋の深まりを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ホームページをご覧いただきありがとうございます!

株式会社 ダイチでは、手すり先行足場を取り扱っております。

手すり先行足場って何?と思う方も多くいらっしゃると思いますので
今回は、手すり先行足場についてご紹介いたします!

■手すり先行足場

足場設置において一番多い事故が組立・解体時の墜落です。
2段、3段となったときにバランスを崩して墜落しないために、厚生労働省より
「手すり先行工法に関するガイドライン」が策定されました。

これは組立・解体時に手すりを先行して施工する工法のことで、どんな工程においても手すりがかならず設置されている状態で作業を進めることのできる工法です。

ダイチではこのガイドラインに従い、手すり先行工法を使用しての組立・解体、手すり先行専用足場を用いての設置を行なっており、安全管理を徹底して行なっております。

「手すり先行工法に関するガイドライン」はこちら↓↓
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei26/dl/06.pdf

広島県廿日市市のクサビ緊結式足場専門の足場業者ダイチ。
広島県を中心にクサビ式足場、改修足場、塗装足場を行っています。
広島県周辺で足場業者をお探しの際はダイチにお任せください。

何か気になることがございましたらお気軽にご連絡ください!

みなさまからのお問い合わせお待ちしております♪